湘南精機のものづくり

伝えていかなければならないもの、伝統の技がある。
耳を澄まし、手に取り、金属との会話をする。
ここには研ぎ澄まされた感性と五感をフルに使ったものづくりがあります。
研ぎ澄まされた職人の手の感覚と経験だけが頼りのミクロンの世界、最高の技術と技をもって魂を込めた製品を作り上げます。

「ものづくりは人創り。」
私たちは、弊社の持つものづくりの魂を若い世代に伝えていかなければなりません。
弊社では、優秀な技能者の再雇用を行い、将来の有望な若い社員に技能を伝えていく取り組みを積極的に行っています。

伝統の技を伝えていくためには、すべての分野においてクオリティが求められます。
付加価値のある、より優れた製品を創造するために、クオリティの高い技術・設備、そしてそれらを管理するシステムを整えています。

研磨機による超精密仕上げなど、多品種少量生産に対応できるよう、様々な機械を豊富に保有しています。中でも、複合5軸マシニングセンターやワイヤー放電加工機など高精度な設備も有しており、ありとあらゆる部品加工を行います。

加工・検査に必要な測定機はもとより、三次元測定機、真円度測定機、測長機、粗さ形状測定機をはじめ、工場顕微鏡や内視鏡など、幅広くサブミクロンオーダーの高精度な計測が可能な測定設備を自社で保有しています。

2次元CADにより、製造工程の検討を行い、方案化します。また、製品によっては、3次元CADから展開してCAMによりプログラミングを行います。
CAMによってシュミレーションを行うことにより、マシンと製品に最適な条件を導き出すことができ、設計から加工までの立ち上がりがスピーディに行われます。
生産技術と製造が一体となって、短納期・低価格・高品質なものづくりが実現します。

ご依頼から引き渡しまで、全工程を細部まで徹底してデータ管理しています。
製品の素材に関する記録(入手経路・使用物質成分)から加工過程の記録、また熱処理の記録から検査の記録まですべてにおいて管理しています。
組立工程から特殊工程にいたるまで、一貫してトレーサビリティを把握する独自のシステムを組んでいます。
これにより、お客様には、安心して仕事を任せていただくことが可能です。

平成14年1月に、防衛に携わる中小企業としては、いち早くISO9001:2000認証を、本社工場にて取得しました。
また、平成24年9月には、現在の企業に求められる社会的責任である環境への配慮にも積極的に取り組み、ISO14001:2004認証を、本社工場にて取得しました。
さらに、平成26年9月には航空宇宙産業の品質を保証するJIS Q 9100:2009認証を、本社工場航空宇宙用精密機械加工部品の製造分野において、取得しております。  これまでも、これからも、お客様に安心と信頼を提供してまいります。